スクリプトで簡単に花吹雪を作ろう

*この記事は2010年4月に書かれた記事で、情報が古い場合があります
*2013年3月に再編集

スクリプトって?

 今日はとっても便利でありがたい Photoshop/ Photoshop Elements 用のスクリプトをご紹介したいと思います。
 Photoshopのスクリプトとは、作業を自動で実行してくれる機能のことで、知識があれば自分で作ることもできるし、無料で提供してくださっている方もいますし、有料で販売されている方もいます。自分に合うスクリプトがあると、かなーりラクチンにDSBが進むこと間違いなしです。

Scatter Things

 で、Speed Scrapsで無料で提供されている、「Scatter Things」というのが、まさに、こんなの欲しかったーってスクリプトなんです!これは、お花や葉っぱなど異なるアイテムを、好きな数だけコピーして、角度や大きさをランダムに変更してくれるスクリプトで、「フォトショップCS3以降」「フォトショップエレメンツ」に対応しています。

 PhotoshopCS3以降を使ってみましたので、チュートリアルを日本語で紹介します。
 フォトショップエレメンツのチュートリアルはこちら。

*エレメンツの場合の注意点*
・増やしたいアイテム以外のレイヤーは、背景も含めすべて削除しておく。
・スクリプトを実行する際は、ダウンロードしたフォルダにある.JSXファイルを画面にドラッグ&ドロップする。


Scatter Thingsを使って、花吹雪

 まずダウンロードページで「Scatter Things」をダウンロードします。(CS3以降、Elements、Mac用が同梱されています)使用許諾条件も読みましょう!

 Scriptファイルは任意の場所に置いておきます。または、Photoshopフォルダ内の、「Prisets」→「Script」フォルダに入れて置くとメニューバーに表示されて便利です。

↑ photoshopを立ち上げ、とりあえず、ペーパーと、その上に葉っぱを3種類置いて、オリジナルサイズだと大きすぎるので50%に縮小しました。
スクリプトを実行すると、このサイズから縮小と拡大が行われます。なのでこの時点で縮小しておいた方が良いです。

↑ 葉っぱを3枚とも選択した状態で、メニュー「ファイル」→「スクリプト」→「CVW_ScatterThings」をクリック。スクリプトファイルを任意の場所に置いている場合は、[参照]から指定してください。

↑ このような画面になります。それぞれに好きな数値を入れてOKをクリック。

↑ おお~ランダムに葉っぱが舞っていますよ~^^レイヤーパレットを見ると、元々の3枚と、コピーで増やした分がグループ分けされていて親切^^

↑ これら葉っぱを自由に動かしやすくするため、移動ツールのオプションバーにある「レイヤー」「自動選択」にチェックします。(私は「自動選択」が使いづらい派なので、ここにはチェックをしません。Ctrl+クリックで選択します)

↑ キャンバス上で次々に選択できるので、葉っぱの移動もラクチンです。左上に写真を置き、右下に向かって葉っぱを舞わせることにしました。

↑ 更にお花も同じ用にscattered。5種類のお花を、数を4、サイズを20%、角度を90度に設定してみました。その後位置を調整。葉っぱとお花を分けてスクリプトを実行しましたが、同じ設定で良いなら同時に行うこともできますよ。

↑ いろいろ追加してレイアウト完成^^

アルファベットをランダムに配置

↑ 今度はアルファベットで簡単にタイトル作り編です。適当に文字を並べておきます。

↑ 上記のような設定に。コピーをゼロにすると、大きく移動しない設定のようです。大きさの変化も角度も小さめの数値にしておきます。

↑ 完成です。ちょっぴり動きがでて良い感じですね!

 とまあ、とても便利なスクリプトです!更に応用で、写真をたくさんランダムに配置する使い方も紹介されていましたー。これもかわいい^^
SpeedScrapsさん、TYSM!!

 使用した素材 [credits]
Sakura 2012 by akizo designs *freebie*
Baking Paper Alpha by akizo designs *freebie*

Leave a comment...